野の葡萄は「農場レストラン」です。
〜地産地消・身土不二・生産履歴(トレーサビリティー)〜

「地産地消」がなぜ今大切なのか? 現代は「飽食の時代」と言われ、食習慣の乱れや栄養バランスの偏り、 食料の海外依存と「食」についてのさまざまな問題も起こっています。だからこそ、 新鮮な旬のものを安心して食べたい・・・そのためには、身近で採れるものが一番です。これは当たり前のようでとても贅沢なことです。「野の葡萄」では、食材の約4割は地元の神奈川の契約農家と契約し、地域の産物や旬の素材を使っています。メニューは旬の素材が出回る時期に合わせ、一ヶ月半に1回のペースで入れ替わり、日々新鮮な食材をもっともおいしい調理法でご提供しております。
「野の葡萄」では、生産履歴のわかる食材、本場九州の野菜や 地場の食材である横浜〜神奈川県の肉、野菜をなるべく使用し調理しています。複数の地元農家さんと提携し、当店の野菜ソムリエが有機および減農薬のものや朝採れ、新鮮で味の良いものを選び、 添加物や化学調味料は出来るだけ使わないなど、体に優しいレストランです。私達と一緒に、豊かな生活を送る方法を考えていきましょう。